採用情報

名古屋での応募を検討中の方に


2002年8月に某システム開発会社に在籍していた営業担当1名とエンジニア3名の合計4名で大阪市西区北堀江で事業を開始しました
東京/大阪で開発実績を積み上げ、いよいよ第三の拠点として中部東海地方でのビジネスの拡大に取り組みます。
オープニングスタッフとして、ゆくゆくは名古屋の中心となっていただきたいと考えています。 中部地方にお住まいの方で、中部/東海エリアで活躍を希望される方をお待ちしています。

16期目にある当社の沿革を御覧いただき、この先に続く名古屋の歴史の中に自らの像を描いていただければと思います。

株式会社インフロント設立

2002年8月に某システム開発会社に在籍していた営業担当1名とエンジニア3名の合計4名で大阪市西区北堀江で事業を開始しました

株式会社インフロント設立時オフィス

四ツ橋新興産ビル
大阪府大阪市西区北堀江1丁目5-2

このビルの12Fのわずか17坪ほどの小さなオフィスから当社はスタートしました。 それでも設立時としては、良い物件に出会えたと思います。事業を開始した時には必ずお客様はオフィスを見るために訪問されました。 心配だったのかもしれません。

株式会社インフロント本社移転

設立後に社員募集を行い新たに数名のエンジニアや営業担当が弊社に入社して社員も増え事業も順調に進み、 オフィスも手詰まりとなったので北(梅田)の方角を目指して、2006年3月に現在の本町に本社を移転いたしました。

株式会社インフロント本社1
株式会社インフロント本社2

信濃橋三井ビルディング
大阪府大阪市西区靭本町1丁目11-7

現在は、このビルの2Fに大阪本社があります。
更に北(梅田)を目指したいと思います。

東京への進出

大阪での事業も一定の成果を上げ、更に営業範囲を広げるために東京への進出を決意しました。 当時は、リーマンショックがありましたが逆風だからこそ次を目指すという社長の思いで、 まずは社長一人が東京にレンタルオフィスを借りて、約半年かけてお客様を訪問して本格営業への足がかりを築きました。 そして、いよいよ2010年5月に渋谷に小さいながらも東京オフィスを設立。

東京オフィス

マニュライフプレイス渋谷
東京都渋谷区渋谷2丁目16-5

このビルの9Fが東京オフィスのスタートです。インフロントを設立した当初に負けず劣らずの小さなオフィスでした。 そういえば「ヒカリエ」が未だ建設中でした。

東京オフィス移転

東京にオフィスを構えてから1年10ヶ月、当初は大阪から転勤した社員と東京で募集したパートナー会社のエンジニアの方で 事業を進めながら社員募集を行い、東京でのお客様からの引き合いが徐々に増えだし、東京本社として、2012年2月に現在の西新宿に 移転いたしました。

東京オフィス

新宿センタービル
東京都新宿区西新宿1丁目25-1

現在は、このビルの35Fが東京本社です。ここから更に飛躍を目指しています。そのためには私たちと一緒にインフロントを 更に成長させて行く仲間が必要です。熱い思いを抱く東京メンバーは皆さまの御応募を心から願っています。

名古屋ヘの進出

東京、大阪での事業も順調に進み、お客様から名古屋での開発を度々依頼されていました。 そこで2016年3月に小さなオフィスから営業活動をスタートさせて、同年12月に満を期して 現在の名古屋市伏見にオフィスを新たに開設しました。ここから東海地区での営業範囲を更に広めていきます。

名古屋オフィス

NMF名古屋伏見ビル
愛知県名古屋市中区錦2-9-27

現在は、このビルの6Fが名古屋オフィスです。 開設したばかりのオフィスでオープニングメンバーを 大募集しています。一緒に名古屋オフィスの基盤をつくり成長させて行く仲間を求めています。 東海地区在住の方やUターン、Iターンを希望される方、歓迎します。 現在はまだまだ少人数ですが 一緒に拠点を盛り立てて行き、いずれば名古屋オフィスの中心となって頂ければと思います。 ご応募、心よりお待ちしております。

インフロントの現在

2002年に設立し、今年の冬で15年目を迎えました。 おかげ様で着々と事業を進めて取引先は100社を超すまでになり、多くの開発案件を頂けるようになりました。

東京、大阪、名古屋の三拠点で、社員数は設立時の4名から現在はプロパー58名と契約社員32名の90名の体制となりました。

また当社に協力して頂けるパートナー会社も年々増加して、現在では東京、大阪、名古屋で70社以上のソフトウェアハウスの協力を得ています。

更に設立時より、開発人員を補うために募集してきたフリーランスの登録エンジニアも1300名を超える規模になりました。

しかしながら、お客様の要望に早く迅速にお答えするにはプロパーの増員が一番と考えています。それは数年先のインフロントを考えた場合でも必然だからです。 まずは社員100名を目指して、次に200名と徐々に事業計画とリンクさせながら増員していきます。