• TOP
  • システム業界の営業ってどんな仕事?

システム業界の営業ってどんな仕事?

はじめに


このページでは、インフロントにおける営業という仕事について
営業を志す皆さんに出来るだけイメージしてもらえるよう、以下の章立てで紹介します。


インフロントの営業って何をする仕事?
インフロントの営業にとって大切なことは?
インフロントの営業の強みは?

インフロントの営業って何をする仕事?


システム開発体制を整える

システム開発というのは「プロジェクト」という単位で行われます。
国や地方公共団体、社会インフラや各種大手企業のシステムは
数年をかけ、多くの企業が参加して行う大規模なプロジェクトです。

それらプロジェクトでは様々な専門性を持った技術者が集まり、
チームで完成を目指します。

インフロントの営業の仕事は、当社の持つ技術力を
それらプロジェクトにアサインすることです。
システムを設計する技術、プログラムを作る技術、システム環境を構築する技術、
機械を制御する技術、データを分析する技術など、様々な技術を提供します。

大規模プロジェクトを管理・運営するキーマン達と意見を交わし、
当社の持つ技術をアピール、チームに参画し貢献することが、営業の目的です。

日本中で進行する最新のシステム関連プロジェクトの全てが、
あなたのターゲットとなります。

システム/ソリューションを提案する

大規模プロジェクトへの参画だけが、インフロントの仕事ではありません。
各企業が抱えている課題を直接解決するというのも、インフロントの役割です。

各企業の様々な部門の担当者が持つ課題を解決するため、
担当者から課題を聞き取り、適切なソリューションを提案する。
また、当社の持つソリューションを紹介し、課題解決を助ける。
そういった「案件創出」も、営業の仕事です。

ITの力を以って、企業の相談に乗り、課題を解決する。
それをコーディネートするのが、あなたの仕事です。
課題の無い企業はありません。
あらゆる企業が、あなたの提案先になり得るということです。

インフロントの営業にとって大切なことは?


ITの専門知識は必要?
様々な取引先とプロジェクトや課題について会話するためには、
プロフェッショナルとして、専門的なIT用語を理解し、使いこなせる必要があります。
業界のトレンドなどにも精通していることも求められます。

しかし、最初からそれらを熟知している人などいません。
営業としてスタートを切る時点では、専門知識は求めません。
オリエンテーションと日々の業務の中で、また、時事等の情報収集を通して
プロフェッショナルになっていただきます。

営業部の上司、先輩たちの中には、エンジニア出身の者もいます。
もちろん開発部にいるのは、プロの技術者たちです。
本当に専門的なことは、彼らが登場し、解決します。

求められるのは、「課題を抱える取引先の話を理解し、
その悩みや困難といった気持ちを自身のことのように感じ、一緒に考えること」です。

親身になって相手のことを考えれば、すぐに知識は身につくものです。
ITの時代を営業職として駆け抜けたい気持ちがあれば、何も心配はいりません。

IT知識があれば営業は務まる?

もちろんそんなことはありません。
知識だけであれば技術者たちには敵いません。
営業のプロとして、わたしたちが大切にしているのは、
より多くのお客様と、より深く関係することです。

それは、知識があれば出来るというものではありません。
どのような営業職でも同じです。
広い人脈と、強い信頼関係の構築を基本とし、
貪欲さや戦略的なものの考え方で、試行錯誤を繰り返して成果を追い求める。
それが営業職の姿です。

成約や実績というものは、その仕事への明確な評価です。
知識だけではなく、自身の持つ様々な経験や、考え方、
それらを出し切り、評価を受ける。即ち、役に立ち喜んでもらう。
営業職というのは、「仕事」の原点ではないでしょうか。

蓄積した経験と力を発揮して、まだまだ拡大するITの分野で活躍してほしいと考えています。

インフロントの営業の強みは?



取引先は業界トップランナー

大規模なシステム構築プロジェクトも、課題を抱えた企業の問題解決も、
取引先となるのは大手企業であり、その業界のトップランナーと言われる企業です。

IT業界のメインストリームで数多くの仕事を手掛け、
蓄積してきた当社の営業ノウハウを最大限活かしてもらいます。

そういった大手既存企業との取引をベースとして、更に拡大し、
また、新たな顧客の獲得、新たな分野への進出を図っていく。
これからまだまだ拡大し、成熟する業界の中心で、営業として成長してもらいたいと考えています。

営業情報の共有/活用

SFAと呼ばれる営業支援システムを運用しています。

各営業担当は、顧客とのやりとりをシステムに登録、営業全体で共有しています。
それらはタイムライン上で管理され、いつでも経緯を確認できるので、
新任の営業であっても、ゼロからのスタートではなく、既に蓄積された情報をもとに、
安心して営業活動を行うことが出来ます。

チーム体制での取り組み

営業メンバーは、営業・アシスタント・営業事務・企画推進といったメンバーで
構成され、OneTeamとなって活動しています。また、東名阪の各拠点での垣根もなく、
拠点間での協力・サポートといった動きが日常的に行われていますので、
Teamであなたを全面サポートします。

インフロントでの営業という仕事について、伝わりましたでしょうか。
ご応募をお考えの方は、ご不明な点を含め、一度お話をお聞かせください。