社員紹介

 会社とともにエンジニアとして成長し続ける

システムエンジニア

2019年入社 未経験者採用

ビジネスシステム部(大阪)

未経験から入社 チームリーダー

現在の業務内容を教えてください。

未経験で入社し、研修後は小売業や建設業など、様々な業界のユーザーに向けて業務系システムの開発を担当しました。現在はOutSystemsを用いて、情報通信業のユーザーが利用する人事システムの開発を行っています。私はその中でもアプリ側を担当しており、具体的には画面の製造などを進めています。開発手法としてアジャイルを採用しており、開発の中でもスピード感の求められる案件になります。私の他にも2名の社員が同案件に参画しており、私はインフロントのチームリーダーを務めています。

―経験値を積み重ねてエンジニアとしての価値を高める―

日々の仕事の中で意識していることは何ですか?

私自身、経験年数から考えても新人・若手から中堅へとキャリアアップしていく時期にあると認識しているので、自分で調べる時と質問する時の線引きなどを意識するようになってきました。現場ではすぐに質問をするのではなく、これまで学んだ調べ方や解決の仕方を使いながら、自分なりに考えて問題を解消することも大切にしています。とはいえ、現場の方々との距離を縮めることも大事なので、コミュニケーションの一環として積極的に質問をする場面もあります。また、自分が普段使用している効率化に役立つツールを同じ現場の後輩に共有するなどして、自分が先輩としてできることを増やしていけるよう日々意識しています。

―社員のキャリアを最大限に引き出す環境―

インフロントでどのようにキャリアアップできますか?

私自身の例で恐縮ですが、これまでに小売業や建設業などの様々な業界の案件に参画し、主に業務系アプリケーションの開発を通して様々な経験を積んでいます。また、社内ではチームリーダーを担当しており、メンバーをまとめる立場も経験しています。インフロントでは、上長との面談が定期的にあり、自身のキャリアプランや成長意欲を発信できる場が設けられています。上長からもフィードバックをいただきながら、自分が目指すキャリアを積み上げつつ、会社とともに成長できる環境だと思います。

―エンジニアの本質を学べる研修―

研修は今のキャリアにどのように活きていますか?

技術を習得するための土台ができたことが今でも役立っていると思います。「分からないことはすぐに確認することが大切」と教わり、研修では質問力が培われました。そのおかげで、現場でも恐れずに周囲に尋ねることができ、それが今の自分のスキルやコミュニケーション力につながっていることは間違いありません。変化の激しいIT業界でエンジニアとして現場で活躍できるようになるために本質的な部分をしっかり時間をかけて指導してくださったことが、今の自分のキャリアに活きていると感じています。

今後のビジョンを教えてください。

現在参画している案件ではインフロントのチームのリーダーを担当していますが、今後さらにメンバーを増やし、このプロジェクトで私たちの価値を最大限に発揮できるようにチームをマネジメントしていく立場を目指していきます。また、開発の現場を全体的に管理するなど、より大きい仕事を任せていただけるよう、上流工程の経験を積んでいきたいです。IT業界で新しいことにチャレンジしたいという向上心や探求心のある方と一緒にお仕事させていただけることを楽しみにしています!


自由な発想を未来へ