社員紹介

 開発の最前線でエンジニアとしての価値を高めていく

システムエンジニア

2019年入社 未経験者採用

ビジネスシステム部(名古屋)

未経験から入社 チームリーダー

現在の業務内容を教えてください。

現在はOutSystemsを用いて、物流企業向けの発注システムの開発を行っています。10名程度のチームで作業を進めており、私は基本設計から製造、結合テストまでの工程で参画しています。このシステムには複数の機能が実装される予定ですが、私はその中でもメインとなる発注機能の画面の製造を担当しています。1つひとつの作業を通して画面が少しずつ完成に近づいていくことが楽しく、やりがいを感じながら仕事をしています。

―開発の現場で確実に成長していくために―

最近苦労したことやそれを乗り越えるために意識したことはありますか?

OutSystemsのようなローコードツールは、短期間で開発できる特徴を踏まえて工数が短く見積もられることが多いです。その反面、要件の追加などが発生しやすく工数が増えることもあります。求められている要件に確実に応えつつ、計画工数通りに進めていくとなるとスピード感も大切となるため、その点を両立していくことに苦労しています。これらを乗り越えるために意識しているのは、保守性の向上と周囲とのコミュニケーションです。コメントを確実に残すことや、変数名や関数名はわかりやすく設定することなど、品質向上のために保守性を高める工夫を大切にしています。また、コミュニケーションを通してメンバーとの関係づくりを意識することでチームの認識を共有し、1つひとつの作業をチーム一丸となって取り組んでいけるよう心がけています。

―未経験から目指したエンジニアという職種―

業界未経験からインフロントへの入社を決意した理由を教えてください。

ITに対する注目度やシステムエンジニアの需要は年々高まっており、それらは今後も伸びていく業界だろうと言われていることから、システムエンジニアを目指すことを決意しました。そして、IT企業が数多くある中でインフロントの入社を決めた最大の理由は「研修」です。業界未経験からの転職ということもあり、最初はとても不安でした。しかし、研修期間が半年設けられており、現場で活躍できる即戦力になるための準備を会社がしっかりサポートしてくれるという安心感から不安が解消されたことが決め手となり、インフロントに入社しました。

―わかる・できるようになるための丁寧な研修―

インフロントの研修の魅力を教えてください。

研修の最初に「わからない・できないのは当たり前」とお話いただき、不安が払拭されたことを今でも覚えています。こういった考え方が前提にある研修だからこそ、過程や背景を含めた深い理解ができる丁寧な指導を受けられることが最大の魅力だと感じています。研修の1つひとつのカリキュラムを通して確実にスキルを身に付けることができ、さらに現場で課題に直面したときの対処法やその考え方なども教わりました。こういった学びが現在の現場での業務の糧になっています。また、研修では同期として一緒に学ぶ仲間がいます。チームでの研修だからこそ、一人ではないという安心感と、一緒に成長したいという向上心が生まれていたと思います。

今後のビジョンを教えてください。

現在担当している業務に大きなやりがいを感じているので、実装を行う製造などの工程で今の技術をもっと極め、システム開発の最前線で活躍できるエンジニアを目指していきたいと考えています。また、入社当時から先輩方に支えていただきながらここまでやってきた経験を踏まえて、みんなで支えあいながら高めあえるチームを作っていきます。いろいろなことを学びながらインフロントとともに成長したいという意欲がある方、積極的に自分から行動できる方と一緒にお仕事させていただけることを楽しみにしています!


自由な発想を未来へ